「お酒を飲んで、施術は受けられる?」

「お酒を飲んで、施術は受けられる?」

飲酒されている際のご来店は、お断りしています。

 

ご希望の場合、夜の時間帯も承りますが、夕方の晩酌はお控えください。
リフレクソロジーは血行が非常に良くなります。
お酒を飲まれた方にとっては過剰に酔いが回る・心臓等に大きく負担がかかりますので、休肝日を選んでお越しください。

 

 

先日のことなのですが、少しだけアルコールが入っている方がお越しになりました。

 

お酒を飲んでで施術は、お控えください。。。と言いつつ、以前やっていたホテルでの仕事の時には、夕食や宴会の後に飲酒されたお客様がお越しになることが普通でして、さほど影響が有りませんでした。
私も、「少しくらいは大丈夫かな…」って、施術させて貰ったのですが、思っている以上に酩酊されてしまい、自身深く反省をしました。

 

当時の自分と、今の自分は全く施術が違っていることにも気づかされました。

 

そのお客様には、私の学び…というか、再認識をさせていただいて、とても感謝をしています。

 

 

 

思い込みや強迫観念は外したいですね

筋肉や血管に置いての弛緩や、気持ちが弛むことで、リラックス効果が上がることは、すでに言うまでもありませんが、「お酒を飲まないと、眠れない。」「飲まないと一日が終わらない。」といった思い込みを外していきたいものです。

 

お酒を召し上がることが悪いと言ってるわけではないのですよ。
楽しく飲まれているのは、お酒が苦手な私には、とても羨ましいです。

 

ただ、体調が気になる方、目覚めが悪い方は、眠る前に飲まれるのはどうでしょうか。
睡眠をしている間中も、内臓が働き続かざるを得ないのでね。