「男性客でもOKですか?」

「男性客でもOKですか?」

男性のお客様も来ていただいていますよ。

 

腰痛や、肩の痛みでお越しの方が多いですかね。

 

意外と男性の冷え性も多いです。

 

血圧が気になる方などは特に、血管の圧迫がない方が良いので、身体は弛めておくといいですよ。

 

定期的なメンテナンスでお越しの方も。

 

腰痛の時には、腰だけじゃなくて、太ももの裏に強い張りが有ったり、意外な原因であったりもします。
肩の痛みも、わきの下がカチカチだったりしていますよ。

 

肉体的な疲労もですが、お仕事で頭が疲れていたり、夜が眠りにくかったり…
そういった、具体的なご相談でも。

 

 

「なんか恥ずかしいので、勇気が要るのですが…」

そうですね。
私が女性だというのとか、店舗ではなく民家でやっているということで、敷居が高くなっているのも有るかもしれません。

 

女性と言ってももう50で、子供も三人育て上げ、恥ずかしいとかそんなことを言ってると、笑っちゃいますよね。

 

人って、そういった「観念」に振り回されて、頭や心と体がバラバラになってる。

私もね、色んな人の身体を触りますから、他人に言われたりします。
「旦那さんが、よく許してくれてるね。何も言わないの?」

 

ビックリ発言ですよね。
そういったことに囚われていると、自分が人に何を言ってるんだか、解らなくなっているんですね。
大変ですね。

 

こういった「観念」は、オデコにへばりついていることが多いです。
これが、「色眼鏡」または「フィルター」ですね。

 

ノイズを通して、世の中を見ているの。
ソッチの方が恥ずかしいですよね。

 

「ええ、これが私の仕事ですけど、何か?」ですよ。
勝手に言ってろ!です。
(あ、つい本音が出てしまったw ここだけの話でww)

 

施術では、そういったものも軽減します。
視界が明るくなる、…そう言われる方がほとんどです。

 

その他

それと、私が身体がとても小さくて大変そうに思われます。

 

私のお客様は100キロ超えの方達でもリピートして下さいますので、さほど頼りなくはないと思ってるんですけどね。
施術ベッドは、300キロまで大丈夫って、説明書には書いてあります。

 

緊張の面持ちで来られた男性客のおおかたが、横たわって数分で眠ってしまいます。
ホントに、お疲れ様なんですね。そう思います。

 

イビキもかきますけど。
おそらくなのだけど、夜の睡眠とはまた質の違う、瞑想に近い眠りなので、スッキリするようですよ。

 

緊張ってね、単なる思い込みなんですよ。

私は、男性だから女性だからとは思っていなくて、一人一人が違っている人として接しています。

 

でも、それでもなお緊張するようなら、男性の施術家のところへ行かれることをお勧めします。