コロナ過における身体の状態

コロナ過における身体の状態

「グーグー♪」IF YOU WANT IT.のサエです。

 

まぁ、これは私の独り言だと思い、読んでください。

マスク

去年から、コロナが流行しているということで、マスク必須の世の中になっていますね。

 

私個人の気持ちとしては、マスクはあまり意味がないと思っています。

 

だけど、マスクをしていないと、目立つよね〜。
なんか、視線を感じます。
波風を立てないようにマスクを着用している人も、多いかも、、、

 

ただ心配なのは、マスクによって呼吸器官に負荷が掛かり、胸周りが硬くなってしまっている人が、ほとんどだということです。

 

あきらかに、呼吸の粗さとして症状が出ている人も居るし、心臓の辺りの圧迫感を訴えるお客様もあります。

 

子供さんは走り回ったりしますし、特に気をつけてあげてくださいね。

 

気付きにくいんですよ〜

元々からですが、私達って、根を詰めたり、ストレスなどで胸が詰まりやすいんですよね。

 

自覚は、ほぼ出来ていないです。

 

身体を弛めて、初めて、「わー、息がしやすくなったわっ。私、息をしてなかったんやなw」ってことになります。

 

首や背中のしんどさがある時に、身体の後ろ側を施術してもあまり効果が出なくて、この胸のつまりを解いて、動作にゆとりが出ます。

 

みぞおちのかたさ

疲れが取れない、眠りにくい、肩が凝ってる、腰が痛いなど、様々な症状のお客様が来られます。

 

皆さんの様子で気になるのが、みぞおちの硬さです。

 

コロナ過による緊張感も拍車をかけているのでは、と思われます。

 

もちろん、それだけが原因では無いんですけどね。

 

こういった硬さがある場合に、「胃がもたれる、、」とか、また逆に「食欲が止まらない。食べて後悔、、」なんて、兆候が出ていたりします。

 

お腹を弛めると、足腰も動きやすくなりますね。

 

 

 

 

 

コロナ過における身体の状態関連ページ

2021年8月の予定です。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「2021年8月の予定です。」