かかとが痛〜い、なんか方法ないですか?って方、かかとの場所によって原因が違ってくるようです

かかとが痛〜い、なんか方法ないですか?って方、かかとの場所によって原因が違ってくるようです

「グーグー♪」IF YOU WANT IT. のサエです。

 

私の寝室は二階にあります。起き抜けに階段を降りる音…ドスッ、ドスッ、ドスドッス。かかと痛くないですか?

 

 

40代の女性・会社員Oさんもそのようです。「最近、朝起きると踵が痛いのだけど…。」とのお悩みでお越しいただきました。

 

私自身もそうなんです。応急対策としては、レッグウォーマーをして寝るようにしています。
夏は意外と冷えるのです。冷えると硬くなりますしね。だけど踵だけが冷えているのではないのですよ。

 

八月に入ってからは、この相談は他方からもたびたび伺っています。男女問わずです。かかとと言っても、その方によって場所は様々なのです。

 

Oさんの足裏を見て

・仙骨、尾骨の反射区に違和感。アキレス腱の下の辺りになります。
・股関節がかなり硬いのではないでしょうか。今の季節、暑さと冷えのミックスで身体が緩んだり縮んだり、ねじれ的なズレが生じます。
・甲状腺の反射区がゴリゴリしています。代謝に関係の深いゾーンです。

 

「ひざまずくと、膝も痛いの…」
Oさんとは二か月ぶりほどお会いしていない間に、かなりお痩せになられたよう。
甲状腺のホルモンバランスの加減で、体重が減ってしまったようです。

 

数年前には真逆の症状が出て、酷い浮腫みに悩まされたそうです。
甲状腺は代謝ホルモンを司っているので、バランスが崩れると極度の疲労感と共に、体重の増減がコントロール出来ない状態になります。

 

膝をついて痛いのは、きっとお肉や脂肪分が減ったからでしょうか。
痩せたことがない私にとっては、羨ましい限りですが。お肉ってクッション材でもあるのですね。

 

体調不良によってお痩せになった方は、周りからの「痩せたね」って言葉が気になってしまったりします。

言葉と心はとても密接。美味しいものを食べたり、楽しいことを沢山したり考えたりして、「あ〜、元気になったぁ♪」っていう瞬間を増やしていきたいですね。

 

本題に入りますが、Oさんの踵の痛みの原因は…お尻かと思われます。

 

お尻の肉が減ったことで、座った時に尾骨への負担がダイレクトになったようです。
Oさんは元々、仙骨(お尻のシッポのところの上の逆三角の骨)がポッコリと出たような形状なので、なおさらかと。

 

お仕事では車での移動もありますし、それ以外はデスクワークになりますので、座布団を当てるなど工夫されてはいかがでしょうか。

 

幅が狭くてプリッと上向きの素敵なお尻ですが、とにかく股関節が硬いのが難点ですね。

 

でもOさん、とても前向きな方で、ストレッチ教室へも行かれているそうです。
「全然足が開かないの〜」って、笑いながら見せてくれました。ホント、素敵です。
そうやって、ご自分の内面や思っていること、言いたいことを解放していくのは、股関節にもノドの周りにとっても凄く良いことなのですよ。

 

きっと、今までは体が固いことが普通だったけど、若さでカバーしてきたのかも。
『これから先はそうはいきませんよ。しっかりメンテナンスしてくださいね。』って身体からのお知らせが、かかとの痛みだったのかもしれませんね。
大切なのはこれからです。まだ間に合います。続けましょうよ。私も同年代として、改めてそう思います。

 

かかとが痛〜い、なんか方法ないですか?って方、かかとの場所によって原因が違ってくるようです関連ページ

夏バテって… なんなの?なんでダルイの?
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「夏バテって… なんなの?なんでダルイの?」
「とにかく疲れているの…」と仰るPさんのかかとの痛み
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「「とにかく疲れているの…」と仰るPさんのかかとの痛み」
チビちゃんを抱えたお母さんへ…
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「チビちゃんをお持ちのお母さんへ…」