アレルギー反応による辛い咳

アレルギー反応による辛い咳

「グーグー♪」IF YOU WANT IT. のサエです。

 

秋も深まり、空気の乾燥が気になる季節となりましたね。

私の周りでも、鼻がグスグス、軽いけれどもしつこい咳の症状が見られます。
「めっちゃ車が汚れるよね〜」…と、友人。

 

なんか飛んでるのでしょうか。セイタカアワダチソウ?友人によると、黄砂。気になりますね、大気汚染も…。
でも…そこを改善していくには難しい、取りあえず症状緩和の身体造りで乗り切りたいものです。

 

血液よりも比重の大きい老廃物は、足先に溜まるといわれてます。そこをほぐしてうまく循環させ、腎臓→最終的に尿で出していきます。

 

 

写真の足裏チャート〈解説〉

・青…腎臓(足裏の真ん中辺り、しっくりと窪んだ感じのところです)

・オレンジ…膀胱(土踏まずの下あたり、プックリとした可愛い丘があります)

・ピンク…輸尿管(二つを繋ぐライン)
♪ 毒質排除のゾーンです。腎臓で不要となったものを膀胱へ送る働きを促します。足もみにとって…というよりは、人の身体にとって一番大切なところではないでしょうか。疲れた時にエネルギーの供給をしがちですが、排泄が滞っていては腎臓の負担はつのります。さらに疲労感が残るような悪循環。

・水色…気管支から肺
♪咳によって硬くなっているのか、もしくは硬くなっているので「咳によってほぐしている」とも考えられます。
咳や、くしゃみ、鼻水などは、コリ固まった身体をほぐすという自力整体の働きをしているという説もあるのですよ。
もしかして、言いたいことを我慢して居たり、胸にいっぱい溜め込んだもの、身体のこわばりを、季節の変わり目に排出してくれているのかもしれませんね。
とは言え、わずらわしい症状はゴメンです。常日頃からコマメに弛めておけるといいですね。

・緑…副甲状腺(親指と人差し指の間・親指の側面の下辺り)
♪カルシウム形成・新陳代謝の働きをするホルモンを出します。血液を固まらせたり、心臓も含め筋肉の収縮に必要なところ。脳の働きにも。
わらじが身体にいいと言われているのは、きっとこのことでしょうか。

よかったら参考にして揉んでみてください。

 

リフレクソロジーの原理は、鍼灸のツボのようにピンポイントで効能が変わるというものではなく、ゾーンとして見ますので間違えると大変だってことでもないのですよ。もともとは踏んでも蹴っても大丈夫なところです。でも、立ち方歩き方のクセや体調によって偏ってくるそうです。

 

 

百円ショップのグッズなどを利用してみてもいいですね…いろんな種類の突起が集結されていて、ただ踏み踏みするほかにも結構使えるんですよ。

 

あと、パートナーと揉み合いっこはエネルギーや『気』の交換にもなりますから、是非お勧めします。
いつも肩や腰を揉んであげてばかりの方…「やり合いっこの方がいいんだって!」って、今日からあなたも触って貰ってください♪

 

いつもお忙しいみなさま。お仕事やストレス、そしてパソコン・スマホなど音楽や映像、照明の質も私たちが生まれたころとはずいぶん変わって来ていますね。
それらの刺激によって、ますます交感神経が優位になると、外部の異物から粘膜を守る粘液の分泌が減りノドや鼻・目などが乾きます。
少しの間『ボーーケーーーー』っとしたりもいいですね。
安心してください。脳はぼんやりしている間にも情報処理をシッカリしているのですって。コンピューターと同じですね。

アレルギー反応による辛い咳関連ページ

お風呂上りのムズムズ・カサカサでお悩みのかた。なんとも簡単にお湯のpHを調整できる粉があるんです。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「お風呂上りのムズムズ・カサカサでお悩みのかた。なんとも簡単にお湯のpHを調整できる粉があるんです。」
看板が出来ました!
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「看板が出来ました!」