身体が弛む前と後での、足裏の感覚を実感していただきました。

身体が弛む前と後での、足裏の感覚を実感していただきました。

「グーグー♪」IF YOU WANT IT.のサエです。

 

春らしい陽気の時間が増えてきましたね。

昨夜は、毛布を蹴飛ばしてしまっていて、朝方に寒かったです。

 

先週から、起きている時の身体の置き方を変えていて、気が付いたら直すようにしています。
慣れないことをすると、一旦疲れてしまうのだけど。
今まで、自分が無意識のうちに肩が上がってしまう癖が強かったことに気づきました。

 

身体だけを変えるのでもなくて、気持ちから表れるものでもありますよ。
肩が上がっている時が、どんな心理状態なのか、解りますよねw

 

客観的に、俯瞰的に

いつだったか。
知人が、旅行でゴルフに行った時の写真を見せてくれました。

 

3〜4人が、緑の景色に肩を並べていて。
「この人が、一番飛ばせるかな?」
尋ねると、やはりそうみたい。

 

一人だけ、やんわりと肩が下がっていて、気負いのないたたずまいだったんですよ。

 

鉄の棒で硬い球を叩く運動ですから、自分も硬くなっていると、身体にも負担が掛かりますよね。

 

腰痛などが出るのも、そういった力みからの場合があるのでは。

 

初心者の時には、回っているだけで楽しかったものの、上達するにつれて段々と欲が出てきて、更に…更にとスコアを伸ばしたくなるものです。

 

なにも、ゴルフだけに限ったことではないですよね。

 

私も、「最初の頃が一番楽しかったけどな…」ってことありますよ。

 

慣れてくると、エゴが上がってくるので、気を付けたいものですね。
エゴは、不調やトラブルの元です。

 

こんなのって、どうなん?

しばらくぶりのFさん夫妻。

 

「来たかったんだけど、足裏の皮が剥けてきていて、悪いかな〜と思って!病院で診てもらって、水虫じゃないって。」

 

いえいえ。
そんなことは、普通に有ることですよ。

 

私は、素手ではなくてビニールの手袋をはめてやります。
もし気兼ねがあるようだったら、お家のタオル持参で来てください。

 

いろんな人が居ます。
大きい足小さい足。
皮が剥けている人もいるし、ひび割れ、魚の目・タコ、湿疹。
ケガで指を落としてしまったり、生まれつき二本の指がくっついていたり、クロスしていたり。

 

それぞれです。

 

足の皮むけ

水虫じゃなくても、足は皮が剥けることはよくあるようです。

 

靴で蒸れて、皮膚の組織が弱っているところへ、お仕事や運動などで圧力が掛かると、皮が損傷するのでは。

 

足裏の湿度も、その方によって違っています。

 

で、緊張している時には、足も蒸れやすいみたいですよ。
人によってですが、酸味のあるニオイを気にされますよね。

 

でも私は、「緊張と闘って、お仕事を頑張ったんだな〜」って、そう感じます。

 

心配な時には病院で診て貰って、診断を貰ったら、それに従えばいいだけです。
あまり気にしすると、更に緊張感が高まり、それが汗や蒸れの原因になりますよ。

 

 

小さな苗から、植えっぱなしのアイビーが大きくなって実がついています。
調べたら、『アイビーベリー』っていうんだそうです。

 

なんか、可愛い。
けど…「食べれればいいのにな〜」って、欲が出ちゃう。

 

花材にもなるのだそうで。

 

ゲキツー希望w

Fさんの旦那さん。
悶絶の足つぼ施術に興味津々。

 

Fさん「アレって、どんなの?いっぺんやって〜」

 

サエ「うーん、出来るかなぁ?その人の状態にもよるから…」
…そう言いつつ、Fさんを眺めて痛点を吟味する、意地の悪い私。

 

ギャー――あ゛ーーーーーーーーー
うっそーーー?マジでーーーー!

 

文字では現わせない絶叫w
ありがとうございます。

 

それには奥さんも大笑い。
今日は、ヘトヘトの奥さんを旦那さんが連れて来てくださったんだけど、奥さんはメッチャ楽しそうでしたよ。

 

マッサージもいろいろ

今はね、私はこんなことは、もう滅多にやらないですけど、前に観光ホテルの足つぼコーナーでバイトしたときに、教わったんですよ。

 

腎臓のツボと膝のツボを、上手いこと(痛く)押せたら、一人前…みたいなw

 

治療というよりは、「おたのしみ」の要素が大きかったと思います。

 

若いグループのお客さんの中から、一人。
「いけにえ」を餌に、みんなが爆笑するというw

 

上手い具合に行けば、「次は俺も!」
といった、売り上げアップにもなりましてw

 

でも、これもサジ加減で、あまりにも痛そうだと、みんな尻込みしてしまうんですよ。

 

思えば、気楽な仕事でした。

ほぼ「いちげんさん」だしね。責任が薄いです。

 

足裏を見れば、身体の悪いところが解るとも言いますが。
皆さんの、そういった不安の様子も垣間見ることも出来、勉強にもなりました。

 

「じゃあ、次、肝臓のツボを押しますよ〜」
なんて言うと、やばいやばいやばいってなるw

 

お約束のリアクションをいただけます。

 

大事なのは、その先ですよね。
自分に向き合ってみて。
じゃあ、どうするか?

 

で、私は今に至ります。

 

ビフォーアフター

Fさんには、先にご自分の状態を知っていただいて、ボディのマッサージを受けていただきました。
日常の眠りにくさ、頻尿などの気になるところを踏まえての施術。

 

その後に、また足裏の様子を感じて貰ったんです。
「あれ?今度は全然痛くない。気持ちいい。なんで?」

 

さっきよりも強く圧しているのに、感覚がずいぶんと変わったそうです。
そう。初めはずいぶんと加減して摘まんだだけでも、「ぎゃーー」な状態だったの。

 

痛みを感じるのは、強く圧しているからでもなくて、どのポイントにどの角度で触るかに掛かっています。
なので、足裏を圧して、指が動いたり、腰がズーーンとしたり、奥歯に響いたり。

 

そういうことが起こるみたい。
(※…みたいってのは、お客様の感想から言っているからです。)

 

身体が硬くなっていると、足裏も部分部分で硬直が出て、言わば「点」で立っている状態になります。
柔らかくなると、まんべんなく面で立つことが出来、身体のバランスが変わるというわけです。

 

Fさんは、身体の外側に力が入っているので、歩いたりするときに土踏まずが地面についているのを気を付けてみてもらうようにしました。
忙しい時間には、なかなか難しいですが、気が付いた時に変えてもらうだけでも、変わってくると思います。

 

 

身体が弛む前と後での、足裏の感覚を実感していただきました。関連ページ

お楽しみが中止になって良かったね…な時もありますよ。
志摩市マッサージ・リフレクソロジー「グーグー♪」のホームページにようこそ「お楽しみが中止になって良かったね…な時もありますよ。
治りかけに弛むので、慌てずに養生を。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「治りかけに弛むので、慌てずに養生を。」
痛みやトラブルがある時。別の部分がかばってくれていますよ。もしくは誰かが。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「痛みやトラブルがある時。別の部分がかばってくれていますよ。もしくは誰かが。」
鼻がムズムズして、スッキリしませんね〜
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「鼻がムズムズして、スッキリしませんね〜」
肩が上がりにくいNさん。意外なところが硬くなっていましたよ。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「肩が上がりにくいNさん。意外なところが硬くなっていましたよ。」
口の中のトラブルがある時には、胃腸もお大事に。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「口の中のトラブルがある時には、胃腸もお大事に。」
日曜日は出かけました。けど、普段と相変わらずw
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「日曜日は出かけました。けど、普段と相変わらずw」
「何も感じないんだけど〜、私、大丈夫ですか?」
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「「何も感じないんだけど〜、私、大丈夫ですか?」」