自分では思ってもみないようなところが、硬直しています〜

自分では思ってもみないようなところが、硬直しています〜

「グーグー♪」IF YOU WANT IT.のサエです。

 

出張足裏マッサージでデイサービスセンターに行ったら、お相撲さんが来ました。
志摩ノ海関。

皆さん、お待ちかねでしたよ。
人気ですね。
サインを貰ったり、握手して貰ったり。

 

私はやはり、どんな感じなのか、押してみたい衝動に駆られました。
足裏とか、どんなでしょうねぇ。硬いかな、柔らかいのかな。

 

踏ん張りは、相当に強いのでしょう。
そしてまた、股割などを主に、身体の柔らかさもですね。

 

強靭に踏ん張るには、どこか抜く部分が必要とされるのでしょう。
身体においても、気持ちにおいても。

 

スポーツは、偏った身体の使い方をしていると言っても過言ではありません。
なので、シーズンオフがありますよね。

 

マッサージは掛け合いw?

デイサービスセンターでは、利用者の皆さんは椅子や車いすに腰かけて、足裏のマッサージをします。
初めに行きかけたころは、女性が多かったのですが、最近は男性もとても多いです。

 

昨日も少し早い目に行ったら、もう待っていてくれてね。
自分で歩いて来れる利用者さんは、呼ばれなくても並んでる…というw

 

職員さんも、これにはウケまくってました。
一応、段取りもあるからね。私は、ただやるだけですけど。
職員さんは、本当にうまいこと回してくれます。感謝です。

 

同じような年齢でも、自分の意志で歩いて来れる、そしてまた、そうではない人も在ります。
そういった現状での、考察もさせて貰っています。

 

自由な感覚を大切に

90歳に近いような人でも、感覚のいい人は、「お、そう来たか!」みたいな感じで反応があります。

 

何も言わなくても、伝わってくるのね。
なので、私もまたそれに応えるように押し返します。

 

「おい、今晩は元気が出そうや!」

 

なんだかんだ、面白おかしく好きなことを喋って、笑って。

 

ユーモアがあると、いつまでも楽しく暮らせそう。
身体は老いても、自由に生きる…ですよね。

 

「そんなこと、言っちゃダメ★」
そんな観念が、人を窮屈にさせていたりします。

 

 

仏足のお守りさん。
足裏チャート図に、とても似ているでしょぉ。

 

座ったままの足裏マッサージを、もっと取り入れていきたいな〜
と、改めて考えています。

 

足裏漫才コースとかね。

 

ケガをして三か月経過のNさん

三か月前くらいに、高いところから落ちてしまったNさん。
病院で診て貰ったら、背骨の一部にヒビが入っていたのだそうです。

 

それでも、特にギブスなどの手の施しようがなく、様子見で過ごされていました。
湿布薬か痛み止めくらいですよね。

 

経過は順調らしいそうです。

 

でも、とにかく、いつまでも痛い。
仕事は休めない。

 

右側の背中の痛みが酷くて、来ていただきました。

 

腎臓の裏辺りが、とても張っています。

 

ストレスが長引くと…

お仕事が沢山あるということは、営業成績としては良いこととします。
でも、反面、身体や精神的には負担が掛かっていますよね。

 

私たちは、そういったことのバランスを取るのが、なかなか難しい中で働いています。

 

Nさんは、背中が痛いと思いつつ、辛抱しながら、次第に辛い肩こりが始まったそうです。

 

首がパンパン。
オデコや頭頂がキツくなっていました。

 

そういった自覚はあるものの、私が一番に手こずったのが、右の大腿部の硬直です。
ほぼロックの掛かった状態に近かったです。

 

踏ん張りは、ほどほどで、、、

一点だけに負担が掛かっているとも言えますし、また、ここに硬さがある方は、踏ん張りの強い性質とも言えます。
あばら骨から、お腹も硬くなっています。

 

悪化しやすい場所は、「弱いから」というわけでなく、強いから、得手が良い部分だから故でも。

 

もともとの性格がそういったこともあるかもしれませんが、状況によって、そうせざるを得ないこともあります。

 

休みたいときに、フォローをして貰えないといった、根本的な人手不足などの問題もあるのでしょうね。
そういったかたは、とても多いです。

 

これは、一個人ではどうしようもない部分でもありますが、上手くかわすのも一つです。

 

先の、お相撲さんの話に戻りますが、踏ん張りたければ、力を逃がす部分を設けておくことですよね。

 

自覚を感じることが出来ない。

自分の身体の状態を、全て把握できると言ったら、そうでもないです。

 

先日、私も、毎週受けているレッスンで、自分が背中の緊張を正確に気づけていないことが解りました。

 

気づけないと、自分で弛めることも出来ません。

 

いったん弛むと、ダルいし、痛いし、とにかくしんどい。

 

ただ、気持ちが勝っているだけで、日常を乗り切っていることが解ります。

 

で、自分の癖が判ってくるんですよ。

”わっ。挨拶する時に硬くなるんだ…” とか、”テレビを見ながら、肩が上がってる…” だとかね。

 

Nさんの話に戻りますが、自分では背中がヤバいことになっていると思い込んでいたのに、実は太ももだったんだ…みたいな。

 

帰られてからの、LINEメッセージでは、

今日はありがとう〜
右足が、すごく良くなりました。
アクセル踏んで思ったわ。

 

良かったですね。
施術前には、アクセルが踏みにくいなんて、自覚はなかったですよね。

 

でも、お仕事ではアクセル全開になりすぎず、ブレーキも上手く挟み込んでいただきたいですね。
お大事に。

 

 

デイサービスセンターに、パンの移動販売さんが来ます。
おじいさんおばあさん達が、買い物を楽しむことが出来るんです。

 

私も、割り込んでゲットしました。
お相撲さんより、コチラのほうが、私は気持ちが高ぶりましたww

 

自分では思ってもみないようなところが、硬直しています〜関連ページ

現状に向き合うことは、とても大切
志摩市マッサージ・リフレクソロジー「グーグー♪」のホームページにようこそ「現状に向き合うことは、とても大切」
4月のお休みのページを更新しました。
志摩市マッサージ・リフレクソロジー「グーグー♪」のホームページにようこそ「4月のお休みのページを更新しました。」
違いを比較してみる習慣を〜
志摩市マッサージ・リフレクソロジー「グーグー♪」のホームページにようこそ「違いを比較してみる習慣を〜」
お腹側が硬くなっていることが多いですよ〜。
志摩市マッサージ・リフレクソロジー「グーグー♪」のホームページにようこそ「お腹側が硬くなっていることが多いですよ〜。」
開花の季節です。腕や脚も外側に開いてみよう。
志摩市マッサージ・リフレクソロジー「グーグー♪」のホームページにようこそ「開花の季節です。腕や脚も外側に開いてみよう。」
小さな話をいくつか書きました。
志摩市マッサージ・リフレクソロジー「グーグー♪」のホームページにようこそ「小さな話をいくつか書きました。」
物事の受け止め様が、今の自分の状態だったりもします。
志摩市マッサージ・リフレクソロジー「グーグー♪」のホームページにようこそ「物事の受け止め様が、今の自分の状態だったりもします。」
春の不快な症状。首の辺りが詰まりやすいのも原因の一つかもしれません。
志摩市マッサージ・リフレクソロジー「グーグー♪」のホームページにようこそ「春の不快な症状。首の辺りが詰まりやすいのも原因の一つかもしれません。」
お楽しみが中止になって良かったね…な時もありますよ。
志摩市マッサージ・リフレクソロジー「グーグー♪」のホームページにようこそ「お楽しみが中止になって良かったね…な時もありますよ。
治りかけに弛むので、慌てずに養生を。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「治りかけに弛むので、慌てずに養生を。」
痛みやトラブルがある時。別の部分がかばってくれていますよ。もしくは誰かが。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「痛みやトラブルがある時。別の部分がかばってくれていますよ。もしくは誰かが。」
身体が弛む前と後での、足裏の感覚を実感していただきました。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「身体が弛む前と後での、足裏の感覚を実感していただきました。」
鼻がムズムズして、スッキリしませんね〜
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「鼻がムズムズして、スッキリしませんね〜」
肩が上がりにくいNさん。意外なところが硬くなっていましたよ。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「肩が上がりにくいNさん。意外なところが硬くなっていましたよ。」
口の中のトラブルがある時には、胃腸もお大事に。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「口の中のトラブルがある時には、胃腸もお大事に。」
日曜日は出かけました。けど、普段と相変わらずw
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「日曜日は出かけました。けど、普段と相変わらずw」
「何も感じないんだけど〜、私、大丈夫ですか?」
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「「何も感じないんだけど〜、私、大丈夫ですか?」」