いいあんばいでバランスを。自分に負荷をかけすぎていないかな?

いいあんばいでバランスを。自分に負荷をかけすぎていないかな?

「グーグー♪」IF YOU WANT IT.のサエです。

 

「寒い寒い、、、」
言ってますが、よそと比べると、志摩は温かいんだそうです。
伊勢からのお客様は、「ホントにこの辺は過ごしやすいね〜」…だそうです。
そぉなんや…

 

あまりにも「寒い」に思考が囚われていると、それから離れなくなってしまいます。
他のことの効率が、悪くなるんだそうですよ。
ギュッと縮まってしまいがちですが、逆に胸を広げて腕を外側にネジる動作をする方が良かったりもします。
やってみてね〜

 

私も、ちょっと身体を動かしてみようかな〜と思い、動画を見ながらヨガの真似をしてみました。
お客様の中にも、ヨガを習っていたり、興味があるけどなかなか…という方もおられます。

 

動画ではいろんな先生のが有って、おおかたが、スタジオの宣伝。

 

速度やリズムも様々だから、好みのが見つかるといいです。
私は一呼吸が長いので、普通のだとちょっと速く感じるなぁ。

 

人それぞれですね。

 

色々かじって、やりっぱなしもイイやん♪

やってみて、自分で思っているよりも、ふくらはぎの張りが強かった。
しかも、そうぼう筋や広背筋が脂肪と共に成長しすぎてるので、曲がり切らない〜ww

 

私、身体に角が無くてw
…っていうと、「え?」って言われるんですが。

 

身体は柔らかいんだけど、ヒザとかヒジとかに肉が巻いていて、角が無くて、人とは同じポーズの形にならないの。
前に習ったことが有ったのだけど、なんかw
ちゃうな〜wwって感じです。みんながそうなんですよね、きっと。

 

なので、鏡を見てポージングすることよりも、自分が気持ちよくて、状態が好転することが基準になります。

 

二回目をすると、さっきとはまた違った感じ。
明日もしよぉかな。やらないかもしれない。

 

それより、関連動画のベリーダンスにも興味津々。
やってみた。

 

音楽やリズムに合わせて身体を動かすので、私はこちらの方が性にあってるかも。

 

先生が「骨盤を動かすことで女性としての魅力が、どーのこーの」って、しきりに言ってて面白かった。

 

私はFire TV Stickってのを使って、テレビ画面で映画や音楽を楽しんでいます。
YouTube動画なども、これで観れる。

 

コレをつなげてからというもの、私はホントに出かけなくなったw

 

大げさに思ってしまう癖が、硬さや歪みの素でもあるそうです。

私は、子供の頃に寒さでじんま疹が出てから、冷えには敏感…というか、やや過剰反応なところがあります。

 

最初は、4年生の体育でサッカーをしている時だったんです。
寒いのが嫌、ボールがめっちゃ怖い。

 

それ以降も、水に入ったり、寒い時期に歩いていると、蚊に刺されたみたいなのがポチポチと出てきます。
アレルギー反応ですね。

 

昨日も夕方に、左のヒザに赤い発疹が出て、めっちゃ痒かった。
実際に寒冷に反応しているわけですが、やはり、「また痒くなるかも…」って、キモチの何処かで心配になってる。

 

過剰反応ってのは、言わば「些細なことを大げさに思ってしまって、かえって大ごとにしてしまう」という感じです。
一度経験したり、強い思い込みがあると、「そんなことが起こるのではないか」という思考になるみたい。

 

そういった時には、腎臓に緊張感がかかります。

 

この辺が硬くなっている方は多いですね。

 

考えてもどうにもならないことを、なんだかんだ言ってるよー

無性に食べたくなる時ありません?

 

はーい、私。
代表!おサエ選手!

 

でも、「あんまり食べたらイカンかな〜」
って思いつつ、結局はセーブした反動で食べていたりします。

 

 

いちごティラミス味。
手が止まらなかった、、、

 

イラストは、木梨憲武なんだってー。

 

お客様の中のお喋りの中で、言いながらも緊張したりザワザワしているので多いのは、「もうじき健康診断なんですよ…やばい…」
中には、「血圧を測るときに、また高いって言われるんじゃないかって、緊張して余計に上がってる…」
健康診断ってことで、病気になってしまいそうな感じw

 

他にも…。

「周りの人に○○△△だって、思われてるんじゃないか…」
「仕事を楽しくできない自分って、ダメだ〜」
「夜眠れない…」
「自分は、ダサいんじゃないか」
「スッピンで来て、すみません」

 

あらら、いっぱい出てきましたね。

 

これ、すべて人様に対してなら、「なんでもないよ、大丈夫。」
そして、たいして人様に迷惑をかけることでもない事柄です。

 

そんなこんなを、「こんな自分はダメ!」
そんな風に有罪判決しながら、特に改めることなく、長々と執行猶予のまま。

 

嫌なら『本気』で直せばいいし、それが出来ないならダメな自分をすんなりと認めることです。
そうすると、いちいち気持ちが歪みませんよ〜。

 

そういった事柄に執着すればするほどに、渇望が沸き、離れられなくなるようです。

 

思考脳と感覚脳

で、こんな話を聞くとまた、「私のことだわ…出来てない自分って、ダメね…。」「私は、出来ているから大丈夫。」な思考になってしまいます。
オデコにゴリゴリが溜まりやすいです。
胸も閉じちゃう。

 

だけど、一歩下がって広く見ると、「私もそんなところがあるかも〜。そっか、そうすると楽になるのか…。なぁんだw」
そんな風に感じ取ることが出来ます。

 

多分、身体サンは、こういった開き直った状態を喜んでいると思いますよ。

 

負荷もほどほどで

「悪いところが有ったら、ハッキリ言ってくださいね!」
よく、そう聞かれます。

 

私は、お客様の悪いところを探しているんでもなくて、そもそもそんな知識も権限もないのです。

 

悪いと言うならば、痛くなるまで、悪くなるまで使ってるのは、私たちのエゴだよねー。

 

身体は、キモチについていくのに一生懸命頑張ってる。

 

そういったキモチの暴走に掛けるブレーキが痛みや、病状なわけで。

 

そんな不調や、本人さんが気が付けていない部分を客観的に見て、『しなくていい苦労を降ろす』ということは、一緒に考えていけるのではないかな〜と思っています。

 

それでもって、しんどいところを治すと、また働きすぎてしまったりしますよね。

思ったように動きたいというのは、ごく当たり前の要望です。

 

でもこれは、ホントに考え直してほしい。

 

大切なのは、いいあんばい。
適当。

 

私は高齢の方に接して、若い時の働きぶりや運動の経歴、人柄などを眺める機会があります。
デイサービスセンターの依頼で、足もみの施術に行っているんです。

 

そういった中で、言い方は変だけど、おじいちゃん・おばあちゃんの人生の「結果」が、身体の状態として垣間見れるわけです。

 

現代では機械がやっているようなことを、人の力でこなしていた時代なので、今の人とは随分と労働内容は異なるわけですが、精神面で負荷をかけすぎたり、「頑張る」が美徳…などというのも、どうなんだろうな〜って思う今日この頃です。

 

また、自分の容姿や症状にコンプレックスがあるのとないのでは、身体の状態が違っています。
硬い、内側巻きに緊張感があります。

 

なんかね、ヨガやストレッチで身体が硬い柔らかいを図ることもだけど、こういった心持って、あながち無関係ではないみたいです。

 

年配の方に、「自分を変えていきましょう!」なんてことは、正直もう遅いからね。
でも、私たちはまだまだこれからの人だから。
気楽に、柔軟に生きれたら、いいよね。

 

 

 

 

いいあんばいでバランスを。自分に負荷をかけすぎていないかな?関連ページ

魔法の言葉。「へぇ〜そうなんだ〜。やってみます。」
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「魔法の言葉。「へぇ〜そうなんだ〜。やってみます。」」
年末年始の日程について
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「年末年始の日程について」
自分はどちらへ向いていきたいのか、考えたりしました〜
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「自分はどちらへ向いていきたいのか、考えたりしました〜」
周りの人の元気も、まずは自らの心地から。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「周りの人の元気も、まずは自らの心地から。」
顔のパーツの緊張について書いてみました。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「顔のパーツの緊張について書いてみました。」
「健やかなる時も〜病める時も〜」 身体の様子を見て振る舞うということ。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「「健やかなる時も〜病める時も〜」 身体の様子を見て振る舞うということ。」
12月の休みの変更をお知らせします。
志摩市マッサージ・リフレクソロジーサロン「グーグー♪」のホームページにようこそ「12月の休みの変更をお知らせします。」